増補新版 うそをつかない医療 患者と医療者をつなぐ仕事

通常価格 ¥1,600

配送料は購入手続き時に計算されます。

内容紹介

2015年10月、待望の「医療事故調査制度」が施行され、日本の医療の安全はあらたなステージへと進みました。
「うそをつかない」
「情報を開示する」
「過誤があれば謝罪する」
病院がこの三原則を制度としてではなく、文化として根づかせ、患者と医療者のパートナーシップを高めていくことこそが、医療事故の悲劇を生まないために、欠かせないことなのです。

患者・家族とともに医療安全を推進すること。それは決して容易なことではないけれど、不可能ではない。医療者を含めた多くの出会いが支援となり、著者は悲しみと怒りを乗り越え、医療者にも寄り添いながら、ともに医療安全を推進する。アフリカの諺に、“If you want to go fast,go alone.If you want to go far,go together.(速く進みたければ、一人で行け。遠くまで行きたければ、一緒に行こう”とある。患者・家族と医療者がともに取り組めば、医療の安全を推進する困難な旅も達成できるのではないだろうか。本書は、その旅の秘訣を知ることができる必読の一冊である。             医師・種田憲一郎


【書評・メディア情報】
NHKラジオ第一(6月15日)/NHKジャーナル(著者出演)
清流(8月号)/著者インタビュー
ふぇみん(9/5 No3131)/紹介
看護実践の科学(1月号)/紹介