犬ニモマケズ

通常価格 ¥1,300

配送料は購入手続き時に計算されます。

内容紹介

SNSで話題沸騰!
ヤンチャないたずらもしながらぐんぐん成長していく黒ラブラドール・レトリバーの「ハリー」と、中学生になった双子の息子たちとのかけがえのない日常。

うっかり食べ過ぎて近江牛みたいに太った「イケワン」ハリー。
丸くなって眠るさまは、まさに恵方巻。
愛されバディを取り戻すその日まで、飼い主・理子さんは今日も奮闘する!

『犬がいるから』に続く、村井家とハリーの爆笑と涙を誘うエッセイ集。
巻末に、ライター青山ゆみこさんとの対談も収録。

「私は犬を通して、繰り返す平凡な毎日の、かけがえのない美しさを理解している。変わらないことは、実は尊いのだと教えられている。そして、犬がただそこにいてくれることが、幸せを運ぶのだと知った。このままずっとこんな時間が続けばいいと強く願っている。犬と過ごすことで、日々感じているわずかな痛みを癒やしている。犬を抱きしめることで、ふとした瞬間、心に開いてしまいそうな穴を、なんとかして塞いでいる。」(本文より)

【書評・メディア情報】
読売新聞夕刊(10月7日)/ペットライフ

著者紹介

村井理子 RIKO MURAI
翻訳家・エッセイスト。 1970年静岡県生まれ。
学生時代をカナダ、イギリスで過ごし、大学卒業後に翻訳の仕事をはじめる。
訳書に『ヘンテコピープルUSA』(中央公論新社)、『ローラ・ブッシュ自伝 脚光の舞台裏』(中央公論新社)、『ゼロからトースターを作ってみた結果』(新潮社)、『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』(きこ書房)、『サカナ・レッスン』(CCCメディアハウス)、『兵士を救え! 珍軍事研究』(亜紀書房)など。
著書に『ブッシュ妄言録』(二見書房)など多数。
料理本『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』(KADOKAWA)出版や、エッセイ執筆など、多方面で活躍中。
Twitter:@Riko_Murai
ブログ:https://rikomurai.com/
「犬がいるから」好評連載中!https://www.akishobo.com/akichi/murai/