詩集 愛について

通常価格 ¥1,800

配送料は購入手続き時に計算されます。

内容紹介

 電車で
 並んで座り
 だまったまま
 風景を
 見つめていた
 あの日

 あれが
 わたしの
 ずっと
 探していた
 幸せだった

    (収録作品「車窓」より)


愛する人への想いに心を揺さぶられる、珠玉の36篇。
「いなくなってしまった大切な人」への想いを綴る、詩集として異例の売行をみせる著者の最新詩集。

著者紹介

若松英輔(わかまつ・えいすけ)
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。
著書に『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋、第16回角川財団学芸賞、第16回蓮如賞受賞)、『詩集 見えない涙』(亜紀書房・第33回詩歌文学館賞詩部門受賞)、『いのちの巡礼者』(亜紀書房)などがある。