【予約】魔法のほね

通常価格 ¥1,760

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

内容紹介

《いとうせいこうさん、推薦! 》
「心」のなかった古代にまで飛んでゆく少年少女たちの冒険。
エンデが読んだらきっと喜んだだろう。
私たちエンデの子供たちも、読めばそのわけがよくわかる。

--------------------------------------

《著者初となるファンタジー小説!》


小学五年生のたつきは、ある日、迷い込んだ町で「見捨てられた店」という不思議な骨とう店を見つける。
そこで手にした「オラクル・ボーン」(魔法のほね)は、3300年以上前の古代文字が刻まれた、未来を予知するものだった!

祖父の助けを借りながら読み解くうちに、そこには、生贄にされる羌族(きょうぞく)のことが記されているとわかる。

たつきは友だちふたりとともに、古代中国へタイムスリップ!
三人は力を合わせて羌族の人たちを助けようとするが……。

--------------------------------------

不安になるということは、何かを変えなければならないというメッセージなんだ。
死にたくなるほど不安になるということは、それだけ大きな変化がこれから起こるという予兆なんだよ。


〈人一倍弱虫だった少年が、試練を克服することで強くなる〉


イラスト:中川学

--------------------------------------

(四六判並製/224頁)

 

著者紹介

安田 登(やすだ・のぼる)
下掛宝生流能楽師。1956年千葉県銚子市生まれ。高校時代、麻雀とポーカーをきっかけに甲骨文字と中国古代哲学への関心に目覚める。能楽師のワキ方として活躍するかたわら、『論語』などを学ぶ寺子屋「遊学塾」を、東京(広尾)を中心に全国各地で開催する。現在、関西大学特任教授。
著書に『あわいの力』、シリーズ・コーヒーと一冊『イナンナの冥界下り』(ともにミシマ社)、『能』(新潮新書)、『あわいの時代の『論語』』(春秋社)、『野の古典』(紀伊國屋書店)、『見えないものを探す旅』(亜紀書房)など多数。

 

発売日

2022年5月25日