【予約】ダンテ その生涯

通常価格 ¥3,520

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

内容紹介

詩人、騎士、政治家、外交使節、流浪の食客……。
──ダンテとは、いったい何者だったのか?

イタリアを代表する歴史家が、中世という激動の時代を生きたダンテの人生を徹底的に分析した一級評伝。

---------

イタリア最大の詩人ダンテ。
地獄篇、煉獄篇、天国篇の三部構成から成る叙事詩『神曲』は世界の文学史に燦然と輝く不滅の傑作だ。

本書はイタリアを代表する歴史家が、フィレンツェに保存された文献を丹念に読み解き、これまで言及されてこなかったダンテの人生をつまびらかにしていく。

---------

──もし、あの日の朝、ダンテが騎士として出兵していたなら、彼の運命は変わっていただろうし、私たちもおそらく『神曲』という作品を持つことはなかっただろう。

 * * *

中世という激動の時代の社会や文化を背景に、権力、金、戦争、復讐、家族、友情、そして愛の観点から初めて分析し、〈人間・ダンテ〉を浮かび上がらせた本格評伝。

---------

【目次】
1……聖バルナバの日
2……ダンテと高貴さ
3……カッチャグイーダとその他の人々
4……ダンテ一族
5……子供時代と隣人たち
6……愛と友人
7……教育
8……結婚をめぐる謎
9……ダンテと事業
10……政治──豪族と平民
11……政治──白派と黒派
12……追放
13……亡命者の家族
14……資産の行方
15……悪い仲間
16……ヴェローナの謎
17……改悛
18……「他人の家の階段」
19……ハインリッヒ七世
20……他人のパン
21……ラヴェンナ

訳者あとがき
索引

---------

 

(四六判上製/304頁)

 

著者紹介

アレッサンドロ・バルベーロ(Alessandro Barbero)
1959年、イタリア、トリノ生まれ。東ピエモンテ大学文哲学部教授(中世史)。トリノ大学およびピサ高等師範学校卒業後、ローマ大学講師を経て現職。中世史・軍事史を中心とした歴史書を数多く執筆するかたわら、全国紙や書評誌にコラムを寄稿。テレビの歴史番組にも出演する。また、小説家としても知られ、ストレーガ賞やマンゾーニ賞を受賞している。フランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受勲。邦訳作品に『近世ヨーロッパ軍事史──ルネサンスからナポレオンまで』(論創社、2014年)がある。

鈴木 昭裕(すずき・あきひろ)
1959年、東京生まれ。翻訳家。東京大学大学院修士課程中退(イタリア文学専攻)。訳書にタブッキ『レクイエム』、バリッコ『絹』、マウレンシグ『復讐のディフェンス』(以上、白水社)、ペトリニャーニ『ヴェネツィアを思う母』(文藝春秋)、メレゲッティ『MOVIE: BOX 映画がひらく夢の扉』(青幻舎)、ケアリー『トリエステの亡霊 サーバ、ジョイス、ズヴェーヴォ』(みすず書房)ほか。共著に『古楽CD100ガイド』(国書刊行会)。

 

発売日

2024年1月19日